与謝蕪村の歌を振り返る

総評というカテゴリを一億年ぶりに使います。与謝蕪村です。嘘です。松尾芭蕉です。 毎年エイプリルフールには、なにかみんなを楽しませられないかと歴史上の偉人になったふりをしたりして遊んでいます。伊能忠敬とか。そんなわけで今年は与謝蕪村を演じてみ…

早漏を克服したいで候う

こんにちは、まつをです!久しぶりに普通のブログを書きたいと思います!近ごろは外から聞こえる猫の盛り声に合わせて自慰することで仮想(仮装)バーチャル猫娘セックスを楽しんでいます。嘘です。 今日のテーマは、、、ででん! 早漏で候う! 遅漏早漏問題は…

【小説版】性交の架橋

SS

「あーあ」 思わず深く溜め息をついた。冬の雨が灰色の街の輪郭をぼやけさせて、まるで生気を吸い取られたみたいな景色。 雨は苦手だ。じめりとした空気。身体に触れる水の粒の不快感。寒い時期の雨は少し痛いくらいに冷たい。朝の予報は見事にあたったが、…

はじめてひとりで飛行機のった

がごごごご、と乱暴な音を立てて車輪が地面に当たる。ぼくは、まるでジェットコースターに乗っているときみたいに強く足に力を込めていた。着陸したとのアナウンスが機内に流れる。 ………………………… ぼくは、東京の下町の、至って普通な家族のもとに次男として生…

ヴィーガンを馬鹿にする奴は馬鹿、という話

おーれーはヴィ〜ガ〜ン!!!!(ジャイアンのノリで) こんにちは、まつをです。打ち明けるのにはとても勇気がいるのですが、私はヴィーガンです。嘘です。 今日はヴィーガンの話をします。 ヴィーガンとは? 今日日、ずいぶんヴィーガンも市民権を得ており…

夢精の話〜ぼくが夢精を乗り越えるまで〜

みなさんは何か人に話せないようなコンプレックスを抱えているだろうか。誰しもひとつやふたつは、打ち明けられず心のうちに隠しているものがあるだろう。あるいは、コンプレックスがないこと自体がコンプレックスになってしまった人もいるかもしれない。 か…

電車会社にお願いしたい3つのこと

お久しぶりです、まつをです。ここ最近はTwitterでナンパ師が投稿している女の子の写真やハメ撮り動画を見ては、私が大切に想う女の子たちがどうかこんなことをしていませんようにと祈りシコる日々です。 さて、今回のテーマは電車会社にお願いしたいことで…

スタジアムライブはもう行かない〜2019.6.22RADWIMPSを見て〜

はじめに断っておきたいのですが、私はRADWIMPSというバンドの大ファンです。決して古参とは言えないけれど、『25コ目の染色体』がJAPAN COUNTDOWNのタイアップを受けたときから音楽好きな兄と狂ったように聴き、何度もライブへ足を運びました。夜中に車を走…

食べログ星3つと殺された思い出

物騒なタイトルですね。こんばんは、まつをです。シックスパッド的な何かを手に入れて毎晩お腹に電気を流しています。腰に貼るとマッサージみたいでとてもGOODなので皆さんもぜひ。陰部に貼るとインポーコスパークするので注意が必要です。 マクセル(Maxell)…

ぼくは友達と遊びたい

こんにちは、まつをです。久しぶりにブログを書きます。本題の前に近況を話しますと、先日キングダムハーツの1.5、2.8、3を購入して廃人と化しています。もはやカイリのことしか頭にはありません。子どもの頃、カイリへの愛情が歪みに歪んで宇多田ヒカルに恋…

"unrecognized privilege: 39" Amazon RDS for PostgreSQL

Amazon RDS for PostgreSQLを利用してエラーにハマったのでメモ。 psqlから発行したSQLは次のとおり。 select * from information_schema.columns; すると次のエラーが発生。 "unrecognized privilege: 39" Amazon RDSでDBインスタンスのバージョンは10.4 結…

部室で見つけた鍵の話

SS

あの頃の僕は、途方もなく無邪気だった。自分のことを誰よりも特別だと思っていたし、いつの日か、歴史に名を残すような偉人になって人を救ったりするのだと、そんなことを信じていた。 あの日、僕たちは学校の隅に追いやられた薄暗い物置小屋のような部室の…

前澤友作はお金と知名度で命を弄んでいる

今朝方、こんなツイートが流れてきました。 https://twitter.com/yousuck2020/status/1084298034870026240?s=21 私はこれを見て、本当に嫌な気持ちになりました。こんなに嫌な気持ちになったのは、村本大輔のツイート以来です。 http://matsuwo.hatenablog.c…

落書きにかっこいいタイトル付けて芸術にしよう

お久しぶりです、まつをです! すっかり秋も過ぎ去りそうな寒い日が続いていますが、今日は芸術の秋がテーマです。 私は幼い頃から、美術大学を出ていた父に誘われよく美術館や展示会に行ったものでした。一枚一枚の絵とじーっと向き合い、離れたり、近づい…

ストレス軽減のためのライフハック

はじめに みなさん趣味はありますか。衣食住を満たすことで人は生きていけますが、それを叶えるにはあまりにもたくさんのストレスが待ち受けています。そこで趣味です。このストレスを軽減する方法を見つければ毎日がずっと楽になります。しかし、近頃の若者…

【松尾芭蕉】引退緊急インタビュー

2018年5月14日。突然の引退宣言を行った俳性、松尾 芭蕉 (@MatsuwoBaseu) | Twitter。惜しまれながらも引退した彼に緊急インタビューを行った。 「次の千句を、詠める気がしなかった」 - まず、2014年末から約3年間半の活動、お疲れ様でした。 松尾:ありが…

ラッパのこと

ラッパを吹かなくなって、かれこれ二年間が経つ。先日見たとき、ケースは埃を被るどころかカビていて開けようとも思えなかった。ラッパとは言わずもがな、トランペットのことだ。そしてそれは、僕にとって今やほとんどトラウマそのものだったりする。中学生…

enq初MV「ネクロポリスの残香」

本業は何なんですか?とよく尋ねられるのですが、バンドマンです。副業で俳句を詠んだりします。松尾芭蕉です。enq というバンドで初のミュージックビデオを作りました。【enq初MV「ネクロポリスの残香」】 【MV】ネクロポリスの残香 / enq - YouTubeこれ…

断捨離で捨てられたのは

断捨離を、した。先週の日曜は夕方まで予定がなく、生活しているうちに自ずと増えたものを眺めてげんなりし、昼頃からいらないものを捨てることにした。ものを捨てるとスッキリするという感覚を僕は昔から持ちあわせていなかった。むしろ頭の中にもやもやが…

2017年9, 10月の総評

人気の一句 例に漏れず9月分をサボっていましたので、二ヶ月分の総評を行いたいと思います。 今日の一句:貧乳に 同情するなら 乳をくれ— 松尾芭蕉 (@MatsuwoBaseu) 2017年9月18日 今月はこちらが一番人気でしたね。個人的にはそこまでの奥ゆかしさは無いかと…

村本大輔の「選挙に行かなかった」宣言は、許されない

とりあえず、こちらのツイートを見て欲しい。https://twitter.com/wrhmuramoto/status/922331151452160000 これを見て大抵の人は、おいおい何を言っているんだ、と思うはずだ。これほどまでに恥ずかしい発言はなかなか見られたものじゃない。声を大にしてこ…

アインシュタイン

そう。 アインシュタインはクンニがうまい。彼の舌のことを思うと赤方偏移したクとリとトとリとスが不変の高速度に近い稲妻を全身に轟かせ特殊相対「性」理論に裏付けられた時空の歪みを伴って腰をしならせてしまう。一般相対性理論の解でもある宇宙の膨張と…

2017年7, 8月の総評

人気の一句 7月分をサボっていましたので、二ヶ月分の総評をしたいと思います。 今日の一句:保母さんと ほのぼのエッチ ほぼ園児— 松尾芭蕉 (@MatsuwoBaseu) 2017年7月5日 朝の一句:M男ゆえ イニシア恥部を 握られて— 松尾芭蕉 (@MatsuwoBaseu) 2017年7月18日…

ナイフ

カバンの内ポケットに、いつでもナイフを入れている。大きな声では言えないけれど。折りたたみ式のそれは、今日も僕と一緒に電車に揺られながらすやすやと眠る。今朝は混んだ電車で足を踏まれていた。まるで自分以外の全てに心が無いか、あるいは無機物だと…

2017年6月の総評

人気の一句 今日の一句:おまんこに ゴールを決めて ふっと去る— 松尾芭蕉 (@MatsuwoBaseu) 2017年6月2日 今日の一句:余談だが 藤井四段に 挿されてえ— 松尾芭蕉 (@MatsuwoBaseu) 2017年6月24日 今月はこちらの二句が人気でした。一つ目は「ふっと去る」と「…

2017年5月の総評

人気の一句 今日の一句:喘ぎ声 嘘でも抱いて 天城越え— 松尾芭蕉 (@MatsuwoBaseu) 2017年5月24日 今月の人気一句はこちら。「嘘でも抱いて」は原曲歌詞の「嘘でも抱かれりゃ あたたかい」から来ています。JASRACに怒られそうですね。ちなみに、これを見た後…

一句総評について

映画、音楽、文学、絵画。あらゆる芸術的な創作活動において、私は作者による作品の解説は禁忌だと考えてきた。ロラン・バルトが語った「作者の死」にあるとおり、作品は一度世に出てしまえば作者の手を離れてしまう。作者が作品について語るとき、彼はもう…

俯くおじさん

JR総武線のとある駅のホームで、俯くおじさんを見た。俯くおじさんは右手に持ったSuicaをただ見つめていた。その目は虚ろで、世界中の悲しみを背負っているみたいだった。僕はその瞬間わかってしまった。何もかもわかってしまった。だから、流れ出した涙を拭…

普通の人間

久しぶりにブログを書いています。ここのところ、日々の明るさとは裏腹に心の内は陰るばかりで、生きることの虚しさばかりが返って際立っているような気がします。僕はすこし目立ちたがり屋なところがあって、人と同じに思われたくないという願望がありまし…

観音小説〜サハスラブジャ・アーリヤ・アヴァローキテーシュヴァラ

前回の観音小説 観音小説 - まつをのオナホマ日記 朝、何かが頰に触れた気がして目を覚ます。穏やかな日曜の午前、日が差す方向に目を細める。そこには愛しい彼の姿があった。「かんのん…」 「朝です」寝ぼけた頭が冴えて眼前の光景を明確に意識できるように…