読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俯くおじさん

JR総武線のとある駅のホームで、俯くおじさんを見た。俯くおじさんは右手に持ったSuicaをただ見つめていた。その目は虚ろで、世界中の悲しみを背負っているみたいだった。僕はその瞬間わかってしまった。何もかもわかってしまった。だから、流れ出した涙を拭…

普通の人間

久しぶりにブログを書いています。ここのところ、日々の明るさとは裏腹に心の内は陰るばかりで、生きることの虚しさばかりが返って際立っているような気がします。僕はすこし目立ちたがり屋なところがあって、人と同じに思われたくないという願望がありまし…

ここのところ

ここのところ、特に嫌なこともなく平穏な毎日が続いていた。いよいよ、自分も幸せになれるのかもしれない、なんてことを考えていた。それが突然、今日になって死にたい以外の感情を失ってしまった。さらに悪いことに、誰かを殺したくてしょうがない。死ぬか…

貧乳好きの紳士とロリコンの懺悔

僕はロリコンだ。少女が好きだ。少女の傷んでいない黒く艶やかで風にさらさらとなびく髪が好きだ。少女の化粧っ気のないそれでいて柔らかく白く弾力のあるきめ細やかな肌が好きだ。この世の不条理や裏切りや争いや醜い欲望を何も知らず振りまかれる屈託のな…

お仕事の話〜定時上がりの恐怖〜

今日も定時上がりだった。これは、とてもとても恐ろしいことだ。資料の裏紙で一句を考えたり落書きをしていると定時の鐘か鳴ったので僕は帰ることにした。これは、とてもとても恐ろしいことだ。仕事というのは、コストと売上を勘定し、それによる利得あるい…

カテゴリーの紹介

三月にブログを始めて、もう十二月になる。この九ヶ月、様々なことがあった。その様々を自分の中で捻じ曲げ、ぼやかし、色付けし記事を書いてきた。本当にありがたいことに、この九ヶ月の間にのべ1万5千を超えるアクセスがあった。1万4千回くらい自分でアク…

神聖なこと

人を殺すことでしか得られない快楽というのがあるようで、それは人を殺すことでしか知ることができないようだ。想像力を働かせて、右手にナイフを持ってみる。そのナイフを縦横無尽に振り回す。初恋の人を殺す。尊敬していた先輩を殺す。近所の子供を殺す。…

テトリスの話

子どもの頃、テトリスにハマっていた。ボタン電池で動く小さなゲーム機と言って伝わるだろうか。デジモンやたまごっち辺りが有名だが、ああいったサイズの筐体でテトリスをできるものがあった。朝も夜も気が狂ったようにテトリスで遊んでいた僕は、次第に本…

静岡

ここのところ、ラジオばかりに精を出していたり、オナホばかりに精を出していたので何かブログらしいことでも書こうと思い筆を取った。のだが、何か特筆すべき出来事もなければ、やっぱり沢野美香さんは可愛いなとか、他が隠れている故に冬服の女子高生の太…

今を生きる君へ

「女ってほんと金がかかるよな。デート代とかプレゼントとかさ。無駄金もいいところだよ。もっと自分のために使えば良かったわ」そう言って悪態を吐く友人を見て、僕はとても悲しくなってしまった。友人は昨晩、二年半連れ添った彼女と別れた。彼女は浮気を…

僕は僕を許せなくて、それは僕が僕になった時からずっとのことで、僕は僕が嫌になって違う人間になりすましたり僕じゃない誰かになろうとしたけれど、どうしたって僕は僕でしかなくて、僕を許せない僕を否定する僕も僕で、もうどうしたらいいのかも分からな…

あああああ

あああああしぬ、しぬ、ころされる、のか?肉体がが精神が張り裂けてこぼれる、あふれる、痛い痛い痛い痛い痛い痛い離してくれ、放して、痛い!身体が縛り付けていた汚水が溢れ出す感触や、たましいか、もつと醜い何かが、広がって部屋に溜まってしまっては…

Anti-Trenchは音楽と言葉で人を救う

音楽の話はここでは書きたくなかった。いつも嘘や冗談ばかり書いているが、これだけは本音でしか書けないし、またオオカミ少年のように音楽のことを書いても嘘や冗談と思われるのが怖かったからだ。でも、今回は書きたかった。書かずにはいられなかった。そ…

まいまいは怒ってる!

まいまいだ!⭐︎ 今日はまいまいだ!まいまいは怒ってる! まいまいは感情に理由をつけるのがきらいだ! まいまいはいやだ!(♯`∧´)すきなものはすきだ! きらいなものはきらいだ! すきな牛丼はすき家! それだけでいいのに…たのしいは たのしいから たのし…

無差別殺人

無差別殺人で、罪もない人が、不条理にも殺される。と言うが、果たしてそうだろうか。殺されるべき理由を一つも持ち合わせていない人間が果たしているだろうか。むしろ、何ら罪の意識も持たずのうのうと生きている人間こそ殺されて然るべきではないか。不注…

父親として気をつけていること

親の教育が全てではないかもしれないが、多感な時期を共に暮らす者として親が子に与える影響は計り知れないと考えている。今まで他人事だった子育ても娘ができてガラリと変わった。そしてそれは娘が10歳を迎えてますます変わった。今までは可愛がり甘やかす…

自転車に乗って遊びに行こう

ここ最近重めの記事が多かったので、気楽に読めるものを書きたいと思い筆をとってみました。夏休み、皆さんは何をして過ごしていますか。私の頭の中はまいまいのことでいっぱいで、女子高生として過ごす夏休みをとても楽しんでいます。思い出話になりますが…

携帯小説〜深沢仁さんと巡り会ひ〜

こんばんは、マツオです。今日は中高生時代の思ひ出、私の人格形成に甚大なる影響を与えた携帯小説と向き合ってみたいと思います。 携帯小説 携帯小説と聞くと、皆さんは何を思い浮かべるのでしょうか。『恋空』あたりがやはり有名どころでしょうか。多くの…

拭えないコンプレックス

朝に記事を書くのは初めてです。たぶん。マツオです。うららかな日差しの中で、朝の少しだけひんやりとした空気の中で、ここ最近いろいろ思うところがあり自身のコンプレックスに向きあってみたいと思います。朝なのでロリコンとかの話ではないです。残念で…

ありとあらゆる期待が僕達を不幸せにする

人はどうして不幸せになるのでしょうか。生きていることそれ自体が幸せだとか、友人がいれば幸せだとか、そういった話もありますね。その逆であれば不幸せということでしょうか。幸せの定義についての議論はとても難しいので、ここでは話を進めるためにそう…

もう少し、ここにいさせて

2016年6月25日17時2分、私は西千葉駅にいた。理由などはどうでもいい話だ。私はそこで見た景色に、甲子園でシーズン優勝を決めた阪神タイガースファンが如く絶叫した。歓喜の渦に飲み込まれた私は両腕を上げ、もう少し、ここにいさせておくれと神に祈った。…

歌詠みを終えて〜1年と半年を振り返り〜

こんばんは、まつをです。先日俳諧からの引退宣言をしまして、残すは20弱のストックを消化するのみとなりました。1年半続けた活動をやめるとなると、幾ばくかの寂寞を覚えますね。思えば、一昨年の暮れあたりに575調のツイートをしたのが松尾芭蕉の始まりで…

決意表明

これから先、書くであろう記事に向けての決意表明を。今までも何度か書こうと思い立ってはいたのだが、書き出しの数行で筆を投げ、それらはすべて丸めてゴミ箱に捨ててしまった。自分にとって「本当に大切なもの」を人に伝えるのは、そう容易くない。いや、…

Twitterおばけ

Twitterおばけのみなさん、こんばんは。マツオです。あなたは今日も1人でタイムラインを眺め、ツイートをするでもなく、リツイートをするでもなく、ふぁぼるでもなく、しかしながら確かにそこにいるのですね。そんなあなたを成仏させてあげたい。できること…

年代別女性記(前編)

今日は、年代別に女性の魅力を書きたいと思います。女性は年齢によって、大きく変わっていきます(胸のサイズは大きく変わらない方もいます)。ただし、発育の良い女性や、そうでない女性について語るのではなく、私が想像するその年代の女性について語りたい…

男もオナる

男もオナるフェチといふものを、女もしてみむとてオナるなり。どうも、マツオ・ナホマ・エストロです。このブログは私のTwitterアカウント松尾芭蕉 (@MatsuwoBaseu) | Twitterの延長として始めたものです。Twitter上で「ブログでオナホレビューでも書いたら…