SS

死にたい

SS

家は冷たかった。外はうるさかった。居場所がないなら作ればいいとはよく言うけれど、私はそんなに器用じゃなかった。閉じた世界から逃げ出す術も知らないままで、なるべく摩擦を起こさないように努めて生きていた。だけれど、私がどんなに静を求めたところ…

双子の話

SS

一卵性の双子に生まれて、私たちは同じ顔をして、同じ声をして、同じ服を着て、同じ愛情を受けて生きてきた。美織と詩織なんて似た名前を付けられて、たまに自分の名前も忘れてしまいそうになるから髪型だけは変えてきた。美織は鬱陶しいからといってショー…

空が青過ぎると

SS

私の日々のささやかな楽しみは、昼休みに会社近くの喫煙所へ行くことだ。同期の誘いを断って今日も喫煙所へ向かう。腕時計を見て確かめる。てっぺんを差す短針と、底を差す長針。よし、と一息吐いて私は会社を出た。からりとした冷たい風がコートの内側まで…

砂のお城

SS

砂のお城に住みたかった 誰かが建てて忘れ去られてしまった 潮風に吹かれてさらさらさら ヤドカリが遊びに来ると やあ、素敵な家だね 散りばめられた貝殻に 目を細めて頷いた砂のお城に住みたかった 誰も振り向かないような 子供が作った小さな夢の跡 乾いた…

待ち人

SS

嘘つき 嘘つき 嘘つき あなた私と一緒に来てくれるんでしょう? 嘘つき 嘘つき 嘘つき 私ここで待っているのに 嘘つき 嘘つき 嘘つき ひどく寒くて肩が震えるわ 嘘つき 嘘つき 嘘つき いつまでも朝顔は咲かないじゃないあなたがいたから 私は一歩踏み出せた…

綺麗だ、と思った

SS

「どうして?」彼女の瞳は潤んでいて、今にも溢れそうな涙のひとしずくが下まぶたに懸命にしがみ付いていた。綺麗だ、と思った。「他に好きな人ができたの?」 「ちがう」 「私が何かしちゃったの?」 「ちがう」 「めんどくさくなったの?」 「ちがう」 「…

時計の針を

SS

私は1日だけ時を戻せることができて、だから、どうしてもやり直したかったことや、取り返しが付かなくなってしまうんじゃないかということがあると、そっと時計の針を回してもう一度今日を明日にする。たいてい自分のことに使うばっかりで、もちろん誰かに話…

行きずりの女

SS

「別にあなたじゃなくてもよかった」そう言って彼女は藍色のシャツを脱いだ。「別に君じゃなくてもよかった」そう言って僕は臙脂色のズボンを下ろした。愛のない二人の行為は淡々としていて、それなのに情欲だけは駆り立てられていく。乱暴なやり方に彼女は…

猟奇

SS

その1 「お前の彼女が人質だ」 「ふざけるな!そんなことをして何になる!」 「そうだなあ、金になるかもしれないな。そんなに助けたければ1000万、用意してみろよ」 「くっ…すこし、時間をくれ…」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「用意したぞ、さあ、彼女を解放しろ!…

はじめての キスは煙草の 味がした

SS

終電を逃してしまったな、と0時35分の腕時計を見て思った。文字盤の小さな、いかにも女の子らしいこの腕時計をくれたのは父さんだった。高校生のくせに最終電車を逃すなんて不良だと思われるかもしれない。友達とバカ騒ぎをして時間も忘れて帰れなくなって。…

檻の中から

SS

閉じ込められた動物は、次第に抵抗することをやめ、思考することをやめ、そう生きることが当たり前になってしまうという。この世界は、どのくらい大きんだっけ。朝の上り満員電車、肺まで潰れそうな圧迫感、梅雨の湿気、人間の体温。もう慣れたはずの悪辣な…

喫茶店

SS

正午を回ったのか回っていないのか、時計を見なければ分からないような白んで薄暗い外。小さな喫茶店にいるのは初老のマスターと私たちだけで。マイルスのSmoke Get In Your Eyesが小さく店内に流れていた。「別れよっか」唐突に口をついて出た言葉に、まず…