貧乳好きの紳士とロリコンの懺悔

僕はロリコンだ。少女が好きだ。少女の傷んでいない黒く艶やかで風にさらさらとなびく髪が好きだ。少女の化粧っ気のないそれでいて柔らかく白く弾力のあるきめ細やかな肌が好きだ。この世の不条理や裏切りや争いや醜い欲望を何も知らず振りまかれる屈託のない笑顔が好きだ。

そこまでの純粋無垢さを持っていないとしても、未成年ならまあ好きだ。選挙権を与えられてちょっと大人になったような気になっている未成年も好きだ。年上の男性に憧れて少し背伸びをしてしまうような未成年が好きだ。

ここ最近一気に有名になったTwitterアカウントをご存知だろうか。

暇な女子大生 (@bored_jd) on Twitter

悔しいくらい面白いアカウントだ。簡単に説明すると、出会い系アプリで高学歴男性を捕まえては性行為に及んでいる慶應女子大生のアカウントである。東大卒など超高学歴男性とのセックスを赤裸々に語っている。本人は高学歴エリートとの情事を記録するちんぽの食べログと謳っている。

さも、ロリコンの僕が喜びそうな案件ではないか。若い女の子が喜んでその芳醇な身体を世の男性に預けているのである。

僕は自他ともに認めるロリコンだと思っていた。でも僕は気づいてしまった。




僕はロリコンじゃないのかもしれない。

本来ならば餌を前にしたラブラドール・レトリーバーの尻尾のようにおちんちんをふりふりしたくなるこの案件に、僕のダンコーン?はピクリともしないのだ。全くそそられないのだ。

僕には学歴コンプレックスがあるので、彼女を見る目にそういったことも多少なり濁りを与えていることは否定しない。しかしながら、そんなことで萎えて苗どころで寒さを凌ぐような程度の低いダンコーン?ではない。

なぜなのだろう。なぜ僕は彼女に全くそそられないのだろう。長い人生の中で築き上げてきた唯一とも言えるアイデンチンチンの喪失を前にして僕は怯え震えた。

回りくどい説明となるかもしれないが、この問いに対する僕なりの答えを見つけた。

貧乳好きの紳士の話

彼は紳士だ。コーヒーを飲ませたら誰もがきゅんとなるような紳士だ。そんな彼には人に言えない性癖があった。貧乳が好きなのだ。特に衣服を脱がそうとすると胸の小ささを恥じらってホックの外れたブラを腕で抑えて胸を隠す所作で肩から外れて垂れるブラ紐が大好きだ。それを見ると彼のちんちんは紳士の化けの皮を剥ぎつまり仮性包茎なわけであるがそれはそれは立派に屹立するのである。

そんな彼がいく度目かに抱こうとした女性は確かに貧乳だった。しかし彼はそこでアイデンチンチンを失ってしまったのである。

いつもの通り紳士的に優しい手つきで衣服を流そうとすると、あろうことか、彼女は自ら服を脱ぎ始めてしまった。そして、こう言った。

「おじさん、貧乳が好きなんでしょ?舐めてよ」

その時、彼は思った。今までは思いもしなかったことを思ってしまった。





なんでまな板舐めなあかんねん



処女狩りのカリスマ

彼はカリスマだ。学年に一人はいたあのカリスマだ。男性からは憧れられ、女性からは黄色い歓声が上がるようなカリスマだ。そんな彼はそのカリスマ性で多くの処女を抱いた。彼は処女が好きだったし、処女もまた彼にならば大事な大事な秘密の扉が開けられることを許した。処女が初めての行為に恐れ震える時も彼は優しく導いた。そして処女から非処女へ、少女から女性へ生まれ変わった彼女たちの痛み恥ずかしさ快楽で赤らんだ頬に口付けすることが彼の生きがいだった。

そんな彼がいく度目かに抱こうとした女性は確かに処女だった。しかし彼はそこでアイデンチンチンを失ってしまったのである。

いつも通りそのカリスマのカリをマサカリが如く突き付けるために優しく愛撫していると、あろうことか、彼女は自ら股を広げたのだ。そして、こう言った。

「お兄さん、さっきも言ったけど、わたし処女なの。処女とヤレるなんてラッキーでしょ」

その時、彼は思った。今までは思いもしなかったことを思ってしまった。






サバでも突っ込んでろ



童貞愛者の若妻

彼女は若妻だ。毎日帰りの遅い仕事熱心な夫を待つ健気な若妻だ。そして彼女は童貞愛者だ。童貞が好きだ。同年代の異性から見向きもされず劣等感を溜め続けチンコンプレックスを拗らせた童貞が好きだ。そんな彼らが初めてのおっぱいに幼児のように喜び、国宝を見るような目で女性器に目を輝かせ、楽しみに楽しみにしていた行為で一瞬で果ててはする悔しそうな恥ずかしそうな嬉しそうなハニカミを見ると母性が溢れ出し性マリアとなる。

そんな彼女がいく度目かに下ろそうとした男性は確かに童貞だった。しかし彼女はそこでアイマンティティを失ってしまったのである。

キスをして耳を舐め首元を吸い乳首を爪弾いただけでギンギラギンにさりげなくなった彼のそれをパンツと言う名の牢獄から解放しようとすると、あろうことか、彼は自ら下を脱ぎ始めたのだ。そして、こう言った。

「ねえフェラしてよ。まだ誰も舐めたことないんだぜ」

その時、彼女は思った。今までは思いもしなかったことを思ってしまった。そして、咥えたそれを






噛み砕いた



ロリコンの懺悔

今話した彼らは、僕と同じだ。

貧乳好きの紳士は真に貧乳を好きだったのではない。処女狩りのカリスマは真に処女が好きだったのではない。童貞愛者の若妻は真に童貞が好きだったのではない。彼らは、その性的コンプレックスに付随する相手の葛藤や憂いや、つまりは人格が好きだったのだ。

僕もそうだ。きっと、僕は真に少女が好きだったのではない。

僕はロリコンじゃなかった。

若さを武器に狡猾にまんまんをぱんぱんさせているような少女にはダンコーン?がぴくりともしないのだから。僕は、彼女たちのロリであるが故にある純真さ無垢さ無知やその「白」が好きだったのだ。

これは、ロリコンを名乗った僕の懺悔だ。