読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつをのラジオ:夢について

ラジオ

「こんばんは、第三回放送、まつをのラジオパーソナリティーのまつをです!」
「ま〜いまい♪ま〜いまい♪おさーるさーんだよ〜♪」
「今日も元気モリモリ、高森浩二!」
すき家だね〜」
「というわけで今日はすき家からお届けしてます」
「飽きないの?」
「正直に話すと、そろそろコンビニのパン・弁当、コーンフレーク、すき家以外のものが食べたいですね」
「まいまいが作ってあげるよー☆」
「料理できるんですか?」
ねるねるねるね♪」
「…はい。というわけで今日のテーマは『夢について』!」
「まいまいの夢はパパのお嫁さんだよー☆」
「今日のテーマはですねー、寝ているときの夢についてなんです」
「あら〜」
「まいまいは夢見ますか?」
「あんまり見ないかな!起きたら全部忘れちゃうよ」
「そういう方も多いですよね。僕、すごくたくさん夢を見るんです。それに起きてもわりと覚えてる」
「どんな夢見るのー?」
「サークルの友達と旅行に行ったり、部活の後輩に楽器を教えたり、初恋の人と下校したり、家族で夕ご飯を囲んだり、」
「待って待ってそれ思い出話ぢゃなくて?!」
「違うんですよこれが。夢なんです」
「日常よりもリア充してない…?」
「そうなんです。僕、日々の生活より夢の中の方が充実してるんです。普段から人より多く、例えば18時間とか寝るんですが、それを話すともったいないって言われるんですよね」
「もったいない…」
「でも、起きてる間より寝てる間の方が楽しいですし、夢の方が大事で。起きてる間のことは割とどうでもいいんです」
「それじゃもうどっちが現実かわかんないね」
「まさに!今起きてるこの時間の方がむしろ夢なんじゃない?ってよく思います」
「なんか暗い気分になるから手紙読もーよ☆んーとねえ、千葉県のふしだらなぐでたまさんから!『彼氏にフラれる夢を見ました。これって正夢ですか?』」
「正夢ですね」
「こら!」
「いや、冗談ですけど、冗談じゃないですよ」
「むむ〜!」
「フラれる夢を見るってことは、ぐでたまさんの中に『彼氏にフラれるかもしれない』という不安があるからです。そういう不安を感じるような何かが、彼氏との間にあるんじゃないですか」
「んんん、そうなのかも…」
予知夢だと思って、そうならないよう努めた方がいいと思います。まずはその不安がどこから湧いたものなのかの究明ですね」
「まだ間に合うよ!大丈夫!元気出して!」
「それでもダメだったら僕と付き合いましょう」
「こら!」
「お、もう一通来てますよ。栃木県在住、まいまいのパパさんから、」
「パパ!」
「…『死んだ娘と夢でも会いたい。どうしたらいいだろうか』」
「も〜パパったら///」
「コメント控えさせて頂きますね!」
「パパの手紙は大事に取ってるよー☆」
「さて、今週はこの辺りにして…来週のテーマは『studio mol初のアルバム?!』です!」
「うわっ!宣伝だ!」
「しーっ!それでは芭蕉さん、いつものお願いします!」
「夢に見た 幼女の胸に 夢精した」
「お!ボイン合わせですね!」
「ばいんばい〜ん♪」
「それではまた来週!」
「また一週間元気に乗り切ろうねー☆」