読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつをのラジオ:セックス

「こんばんは!あけましておめでとうございます!新年はまだフェラ動画でしか抜いていないまつをです!」
「まいまいだよ〜、今年もよろしくね!☆」
「いよいよ2017年になりました!年末年始は何をしてましたか?」
「筆下ろし!」
「?!」
「お習字してたの!今年に新しい気持ちで向き合いたくって。そっちは?」
「僕は筆下ろしされてましたね…」
「?!」
「つぼみさんの筆下ろし作品は最高」
「でも結局口淫でいっちゃったんでしょ?」
「その通りですね」
「なさけな…」
「さてさて、今日のテーマは『セックス』です!まいまいはセックスについてどう思いますか?」
「質問内容が漠然としすぎ。デリカシーなさすぎ」
「すみません、改めますね…まいまいの初体験はいつですか?」
「14」
「かーっ!あっあっあっ!最高!14才のまいまいのセックス!ああ!」
「帰っていい?」
「すみません取り乱しました。お相手はパパですか?」
「…」
「違うんですか?!」
「それは、伸びた髪が首に張り付くような湿気の多く居心地の悪い夜だった。冷房の効いたところへ、と友人に誘われて行ったカラオケで1人ソフトドリンクを取りに行く途中、すれ違った男に無理やり部屋へ引きずりこまれたのだ。そう、303号室。刃物を見せ付けられて声も出せなかった私はソファーに押さえつけられて、見ず知らずの男が鼻息を荒くしながらカーディガンのボタンを外していく。硬直した身体をシャツの上からなぞる男の指先が」
「突然一人語り始めないでください…」
「まあそんな感じだったよ☆」
「それは大変でしたね…警察には通報しなかったんですか?」
「動画撮られてたの。漏らしたらネットに晒すぞって」
「うわぁ…それからは大丈夫だったんですか」
「もうそのカラオケには行かないようにしたし、何もなかったよー♪」
「辛いことを思い出させてしまいましたね…ところで、僕が読んでいる官能小説と内容がとても似てますが」
「てへっ☆まつをさんの初体験は?」
「13ですね」
「えええ!」
「当時チェーンメールが流行ってて。僕のところにも来たんですが、その本文下部に18禁サイトへのリンクがあったんですよ。それを踏んでから人生が変わりました」
「???」
「まいまいにとってセックスってなんですか」
「身体を通して心を繋ぐ行為かな」
「セックスには心があると」
「そう。セックスは自慰じゃないから、自分が気持ち良ければオッケーじゃないの。快楽を共有すること。身体を一つにすることで、心も触れ合えるって信じてるよ」
「ふかい…」
「童貞さんにはちょっと難しかったかなー?☆」
「絶許」
「今日はお手紙きてないねー」
「そうですね!そろそろお開きにしましょう!芭蕉さん、年始の一句お願いします!」
「寝正月 姪に精子の 御年玉」
「ありがとうございます!来週のテーマは『受験』です!それではまた来週!」
「良い一年になりますよーに!またねー☆」