読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつをのラジオ:習い事

「こんばんは!繰り返される諸行無常!よみがえる性的衝動!まつをです!」
「ボールにいっぱいのポテサラが食いてぇ…はっ!まいまいだよー!」
「ここのところ良いお天気ですが、今日はとっても寒いですねえ」
「風強いからねー。通勤用のコートは買った?」
「まだです!中に着込んでなんとか耐えてます」
「風邪に気をつけてね!インフルも流行ってるみたいだし」
「酉年生まれなので鳥インフルにかかっちゃうかもです!それでは今日のテーマは『習い事』です」
「習いごとたくさんやってたよね」
「そうなんです!ありがたいことに。これやりたい!って言ったらやらせてもらえる家庭でした」
「最初はピアノ?」
「実はピアノよりも前に英会話に通い始めてました。ピアノも英会話も兄がやっていて、その真似っこで」
「じゃあ英語話せるんだ?!」
「SEX!!!!」
「…」
「何事もそうですが、習い事は真面目にやらないとちっとも身につかないんですよね。ピアノも10年くらいやってましたが、あんまり上手くなりませんでした」
「まいまいもピアノやってみたかったな〜。四月は君の嘘で感化されちゃった!」
「ああ、すごく分かります!久しぶりにピアノ弾きたいなって、あれ見て思いました。まいまいはテニススクールに通ってましたよね?」
「そうそう!パパがテニス好きだったから一緒にやりたくって。中高もテニス部に入ったよ」
「僕も近所のテニススクールに通ってたことがありました。楽しいですよね」
「楽しいよねー。ラリーしてる時が好きかなあ。ぽーん、ぽーん、って」
「僕は結局ペニスが好きになりましたけどね」
「…」
「ちなみに硬式が好きです」
「それ以外は何かやってたっけ?」
「あとは塾ですね。これもやれと言われたのではなくて、自分から行きたい!って言いました」
「おお、真面目!」
「と思うでしょう?きっかけは進研ゼミの漫画ですよ。あれに憧れて、モテたくて、勉強したくなって」
「そこで進研ゼミは始めないんだ?(ゎら」
「家で一人で頑張るのは続かないなーと思ったんです」
「進研ゼミ続けると頭が良くなるっていうより、進研ゼミ続けられる人は頭が良いよね」
「それですそれです!」
「あ、お手紙きてるよ!」
「おお!どれどれ…広島県在住の教育ママさんから『娘が習い事をしたいと言い始めました。家計を考えると、とても苦しいです。どうすればいいでしょうか』。んんんんん重い!」
「難しい問題だねえ…」
「自分はやりたいことをやらせてもらえました。幼心に、両親がかなりキツそうだったのを覚えてます。たぶん無理をさせたんだな、と」
「まいまいはダンススクールには通わせてもらえなかったなあ。テニスかダンスか、どっちか一つにしなさい!って」
「子どものことを想うのはとても大事です。でも、そのことで無理をする必要はないんじゃないかな、と思います。無理だと言ったら今は拗ねたり怒ったりするかも知れないけれど、いつか教育ママさんの気持ちも分かってもらえる日が来るはずです」
「そうそう!無理しちゃだめだよ!」
「あとは、より安価な習い事を勧めるとか、習い事はさせないけど家でやらせてあげるとか。例えばピアノなら、安いエレピなんかを買って親子で練習したら楽しいんじゃないかなあ」
「あー、いいね!連弾なんかできたら楽しそう!」
「いずれにせよ、子どもとの関係を壊さないためには誠実でいなければならないと思います。適当にあしらったりすると、子どもはそれに気づいてしまいます」
「子どもって、案外よく見てるしよく分かってるよね」
「あと、個人的にはお金の話はしない方がいいかなと。うちはビンボーだから、みたいなのを言われ続けると、子どもの中には発散しようのないストレスがたまってしまいます」
「お金の話されるのは嫌だよね。心まで貧しくなっちゃいそう」
「とても難しい問題なので良いことは言えませんが、教育ママさんなりに子どものことを想って、でも無理はせずに、といったところでしょうか!」
「大丈夫!ママの気持ちはちゃんと分かってもらえるよ!」
「それではそろそろおいとましましょう。次回のテーマは『聖なる夜』です!」
「メリィィィィィィィィィィ…まいまい!」
「長くなってしまいましたが、芭蕉さんどうぞ!」
「ムラつくよ 家庭教師の お姉さん」
「ありがとうございます!それではまた来週!」
「しーゆーねくすとうぃっ!」